Monthly Archives: 12月 2015

脇の黒ずみを解消するのにおすすめの成分

そもそも脇の黒ずみというのは、お肌が色素沈着を起こしています。摩擦や自己処理などの刺激で、角質が厚くなったり、メラニンを生成することで黒ずみが起こるのです。メラニン生成を抑制したり、肌のターンオーバーを正常化したり、厚くなった角質を正常化するような成分が有効です。メラニン生成を抑制するおすすめの成分は、「ビタミンC誘導体」や「チロシン」などがあります。ターンオーバーを活性化したり正常化したりするためには、「プラセンタ」、「ヒアルロン酸」、「コラーゲン」などが有効です。また、「セラミド」、「トレハロース」、「エラスチン」、「ニンジンエキス」、「ビタミンE」、「アロエエキス」などもおすすめです。厚くなった古い角質を取り除くためには、「AHA」、「BHA」がお勧めです。AHAはフルーツから抽出したグリコール酸で、BHAはサリチル酸です。古い角質を取り除くことで、黒ずみを取り除くクリームの浸透が良くなるのでおすすめの成分です。もし、むだ毛のセルフケアで埋没毛ができて脇が黒ずんでいるなら、光脱毛をするのが効果的です。

 

ピューレパールの口コミ

乳首の黒ずみを解消するためのセルフケア方法

乳首は体質的にメラニンが多くなる場所です。女性ホルモンの影響で黒くなったり、授乳中などは守るためにメラニン色素が集まり赤ちゃんに乳首を吸われても大丈夫なように強くなるのです。
しかし、このような黒ずみは女性のコンプレックスになってしまうこともあります。
黒ずみを解消するためのセルフケア方法としては、肌に刺激を与えないことが大切なため体を洗うときはタオルなどでごしごし体を洗うのではなくたっぷりの泡で優しく洗っていき、黒ずみ専用の石鹸を使っていきます。さまざまな美白用の石鹸がありますが、ピーリング剤の入った物は強過ぎて肌を痛めてしまう可能性があるため避けた方が良いとされています。
安全性の高い薬品としてはメラニン色素を生成する酵素の働きを抑制し、メラノサイトの数を減らす作用のあるハイドロキノンが配合されたクリームを塗ることも有効です。
また、体の内側からケアしていくためには大豆製品などを積極的に摂取してホルモンバランスを整えたり、メラニン色素を抑制するために効果的なビタミン類をとる、食材ではヨーグルトを水切りしたときに出てくるホエーを含んだコットンを乳首にのせてラップで覆って5〜10分置いて洗い流すパックなども効果的だと言われています。

ちくび 黒ずみ